それで本当に貯まるの?貯金するための環境を変える「投資」が重要です。

どんなに賃金が安くても、貯金が必須な世の中ですが、皆さんは毎月どの程度貯金できていますか?無理に切り詰めると精神的に良くないですし、毎月の貯金額が少なすぎても先行きが不安になってきますよね。

実際、私も貯金は苦手で、給料が入ったら欲しいものを買い漁りに街を練り歩き、気づいた時には両手に体量の袋が…。財布を開けてみれば後は食費のみというゾッとするような生活を送っていた時期もあります…。

そうなってしまう原因を突き止め、改善して今では毎月無理なく貯金できていて、最早「貯金が趣味」と言い切っても恥ずかしくない程の額まで貯めることができたわけです。

その改善策を実践している方は多いと思いますが、実際にやってみてどの程度変化があったのか、今まで貯金できなかったその原因と改善点を紹介できたらなと思います!

無理なく貯められる環境作り。

貯金を習慣化する上で大切なのは「無理をしない事」です。結局はダイエットや筋トレと同じで、最初は意気込みだけでどうにかなるのですが、急に習慣化しようとすると結局元の生活に戻ってしまいます。リバウンドしてしまわない為にも、急激な環境の変化は避けましょう。そして今回紹介するのは、あくまで私個人の改善点なので、自分の現在の生活環境などを見直しつつ、自分に合った目標を立ててチャレンジしてみてください。

住む場所・環境を変える。

これに関しては、本気で貯金を考えた際に誰もが考える事だとは思いますが、毎月の出費で最も重要で最も重くのしかかってくる家賃をどうにかする事から始めました。

職場が都心部なので、都内へのアクセスにも便利で住みたい街No.1の横浜に拠点を構えていたのですが、それなりに家賃も高く、大きな痛手になっていたのです。重要なのは、憧れの生活環境を整えるにはお金がかかるという点ですので、そこをキッパリ捨ててしまえば、生活にゆとりが生まれるんだと、実践してみて改めて実感しました。

ちなみに、私は神奈川県から千葉県に引っ越して、毎月掛かる家賃などの出費が35000円ほど下がりました。通勤距離も対して変わらず、むしろ近くなったような気がします。

家賃だけでなく、物件の周辺にも目を向ける。

家賃の安い物件を発見できたので、今度はその周辺について調べてみました。一番重要なのは「無駄な出費をなくす事」なので、住む街の環境も重要になってきます。比較的に安いスーパーマーケットや、帰宅時間帯に値引きされるようなところがあれば、トータルで見ると大きな影響を与えてくれます。

私が引っ越したのは、テレビでもたまに紹介される「激安スーパー」の近くで、今まで購入していた同じ商品でも、1ヶ月を通してみるとその差は歴然。

コンビニなどはどこにでもあるので、近くて便利ではありますが、結局のところその便利さに麻痺して出費が嵩み易いので、なるべく離れている場所か、コンビニを避けるように心がけるのは重要なポイントになってきます。

家賃を下げ、食費も改善できたので、その分を貯金に丸ごと回しました。

一人暮らしならワンルームに住むべし。

憧れていた生活環境を整える為に、どの程度の広さ・部屋数が必要になるかは人それぞれです。もちろんお金に余裕があって、広い家に住んでいても貯金ができるのであれば問題ありません。ですが、貯金を犠牲にして、生活環境に投資してしまうのは本末転倒です。

広くて部屋数が多ければ、その分物を置けてしまいますよね。当たり前の話ですが、物を置ける余地ができてしまうと、欲しいものにどんどんお金をかけてしまうのが人間です。あの部屋にはコレを、この部屋にはアレを…と、瞬く間に出費が嵩みます。何度も言いますが、お金に余裕がある方であればそれで構わないのです。

欲しい服があれば、収納に余裕のある人であれば、買い込んでしまいますし、本来であれば必要のない家具でも、スペースがあれば置きたくなってしまうものですよね。

家の広さに毎月の出費も比例してくるので、無駄なく過ごす為にも「物を置けない環境」を作ると、欲しい物への憧れを遠ざけることができます。

引っ越し費用を抑えたいならシェアハウスがおすすめ!

引っ越すといっても、費用もそれなりにかかりますし気軽にできるものではありませんよね。私は以前まで、シェアハウスに住んでいましたが、家具や家電が最初から全て揃っているので、買い揃える必要もありませんし、引っ越す際の荷物もほとんどないので、気軽に転々とできます。

家賃も安いですし、基本的にワンルームなので、キッチンやバスルーム、トイレなどが共用でも気にならない人であればとてもいい環境だと思います。荷物も基本的に増えないですし、気持ち的にも身軽になれますよ!

ただし注意しておきたいのが光熱費問題です。シェアハウスは基本的に光熱費が定額制なので、ある意味使い放題なわけですが、これになれてしまうと、シェアハウスを出て一人暮らしを始めた時に電気・水道・ガスを「節約」するという習慣がないので、恐ろしいことになります…。

定額で使い放題という点だけ見るととても魅力的ですが、コレがシェアハウスの落とし穴かもしれません。後は、シェアハウス内の人と仲良くなりすぎると、食事や飲み会に誘われて、大きな出費に繋がりやすいので、そこだけは注意してください!

無理なく貯金するために引っ越しという「投資」を。

結局、僕が貯金できていなかった理由は、給料に見合わない家賃とその生活環境にありました。家賃をできるだけ改善して、狭くて物を置くスペースを無くすことで物欲も抑え込むことに成功したので、今までの無駄な出費は貯金に回す事ができるようになりました。

引っ越しをすれば大きく環境が変わるので、多少無理をする部分もありますが、一年後にはきっと大きな成果が見られると思います。極端に無理せず、財布の紐がゆるんでしまう事があっても構わないと思うので、貯金のための環境を整える事から始めてみませんか?

それで本当に貯まるの?貯金するための環境を変える「投資」が重要です。

http://monolith.blog/archives/304